自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『オートクルーズ』

オートクルーズはクルーズコントロール(Cruise Control)とも呼ばれています。自動車の付加機能もしくはその装置の名称です。アクセルペダルを踏み続けることなくセットした一定速度を維持する機能であり、運転者の疲労軽減並びに同乗者の快適性向上に寄与するものです。1958年にクライスラーが自動車の定速走行技術として初めて導入しました。1958年にクライスラーが、インペリアルに初めて採用しました。日本車としては1964年に登場したトヨタ・クラウンエイトが、「オートドライブ」の名称でオプション装備として初採用しました。その後もごく一部の車種しか採用されませんでしたが、1981年に登場したホンダ・アコード以降、多くの車種に普及し、アフターマーケットのキットも販売されるようになりました。1990年代になると、トラックにも大型車の機械式オートマチックトランスミッション車を中心にクルーズコントロールが設定されるようになりました。トラックは積載時と空車時で総重量や走行抵抗が異なるため、アクセル開閉の“むら”を減らし省燃費運転を行うことを目的に装備される場合があります。シフトチェンジだけでなく排気ブレーキやリターダなどの補助ブレーキや衝突被害軽減ブレーキと連動可能な車種も存在し、2010年代からは大型観光バスにも設定されています。
参考:ウィキペディア

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋