自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『コネクティングロッド』

コネクティングロッド(connecting rod)は、クランクシャフトとの連動により、ピストンの往復直線運動を回転運動へ変換する部品です。ピストンピンとクランクピンを結び、それぞれの端を小端部、大端部と呼びます。熱間鍛造で形成され、材質にはクロームモリブデン鋼(SCM435など)や炭素鋼(S55Cなど)などが用いられます。小型汎用エンジンなどでは鍛造、ダイキャストまたは重力鋳造で成型されたアルミ合金が用いられることがあります。レース用となるとチタン合金(64合金)などをバフ研磨されたものなどが用いられます。
参考:ウィキペディア

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋