自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『エンジンオイル』

エンジンオイル (engine oil) とは、エンジンに使用するための油のことであり、様々な機能の為に使用されますが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼び、モーターオイル (motor oil) と呼ぶこともあります。
自動車やオートバイで多く採用される4ストロークエンジンでは、エンジンオイルはエンジン内各部を循環しています。
停止時のエンジンオイルは、ウェットサンプエンジンならエンジン底部に取り付けられているオイルパン(オイル溜り)に溜まります。
ドライサンプエンジンなら独立したオイルタンクに溜まっていますが、エンジンが稼動し始めるとオイルパンやオイルタンクにあるオイルがオイルポンプにより吸い上げられ、オイルフィルターやストレーナーなどを通ってろ過され、(一部車種では)車体の前部に取り付けられた空冷式オイルクーラーやエンジン内部の水冷式オイルクーラーを通って冷却され、クランクシャフトやシリンダー壁、動弁機構など、エンジン内の各部へ圧送されます。
その後、オイルパンやオイルタンクへ戻ってきます。
エンジン稼動中にはこの循環が繰り返されています。
一部の車種ではオイルパンからオイルポンプを通ってフィルターを通り、オイルパンに戻る濾過のみのルートを別に持つ車種もあります。
また湿式クラッチや変速装置の潤滑などと兼用されているものもあります。
参考:ウィキペディア

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋