自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『サスペンション』

サスペンション(suspension)は、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪・車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構です。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もあります。一般的な自動車のサスペンションは、基本的構成として車軸の位置決めを行うサスペンションアーム、車重を支えて衝撃を吸収するスプリング、スプリングの振動を減衰するショックアブソーバー(ダンパー)で構成されます。欧米ではスプリングとショックアブソーバーが一体となった部品をコイルオーバー (英: Coilover) と称することもあります。乗用車では、低コストなストラット式サスペンション(マクファーソン・ストラット式)が最も多く用いられています。乗り心地の向上やタイヤの接地条件やクルマの姿勢(ロールセンターやアンチダイブ、アンチスクワットなど)を細かくコントロールする目的で、ジオメトリー自由度の大きいダブルウィッシュボーン式や、さらなる安定性を得るためにマルチリンク式なども多く用いられています。サスペンションの特性は同じ方式でも一様ではなく、使われる部品の固さや寸法に大きく依存します。一般に「サスペンションが硬い」と表現されるものは、車重に比してばね定数が高い場合やダンパーの減衰力が高い場合が多いです。サスペンションが柔らかい方が路面の凹凸による衝撃を吸収しやすく、乗り心地を重視する乗用車ではサスペンションが柔らかくされる傾向にあり、スポーツカーやレーシングカーなどの自動車では旋回時や加減速時の車体挙動を抑えるためにサスペンションは硬くされる傾向があります。俗に「サスペンションがへたる」と表現される現象は、ほとんどの場合はショックアブソーバーの減衰力が低下したり、サスペンションアームの軸部に用いられているブッシュの弾力性が失われたりすることで発生します。なお、懸架装置(けんかそうち)と呼ばれることもあります。
参考:ウィキペディア

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋